トップ

おそろいTシャツを作る

サークル練習着の選び方

入稿から発注までの流れは?

大学のサークル単位でおそろいのオリジナルTシャツを作ることは、サークル員同士の絆を深めるというだけでなく、大学卒業後も思い出を形に残しておけるものになると言えるでしょう。テニスサークルなど、身体を動かすサークルにおいてはサークル員に練習着を新調させるという手間も省けるというメリットもあります。

いざサークルのオリジナルTシャツを作るということになっても、一体どのような手順でTシャツを製作すればよいのか分からない、という方も多いと思います。この点に関しては、インターネット上にオリジナルTシャツ製作を行ってくれる業者が数多くありますので、そちらに依頼すると良いでしょう。オリジナルTシャツを作りたいならこちら。

オリジナルTシャツを製作する際、多くの業者では4つのステップで作ることが出来るようになっています。まずはどのような素材、どのような生地で製作するかを決めるアイテム選択、次に具体的なデザインを決定するデザイン入稿、どのようなイメージで製作するかを決定する最終確認、そして発注という流れです。

まず最初に行うアイテム選択では、Tシャツの生地の選択などを行います。TシャツのタイプもベーシックなTシャツ、ポロシャツなどの定番から、スウェット、パーカー、ジャージなどより多機能なもの、さらにエプロン、ハッピ、帽子など、より様々な用途に適したアイテムを選ぶことが出来、それらにオリジナルのデザインを施すことが出来ます。

テニスサークルなど身体を動かすようなサークルではTシャツやポロシャツを選択するのが普通だと思いますが、例えば学校祭で出店する際に、Tシャツと同じデザインのエプロンを発注して、サークルの活動に統一感を持たせるなどの工夫もあるとより楽しいのではないでしょうか。